バス釣りに出かけるときに水温計を持っていってほしい。

オカッパリしていて今の水温がどれくらいなのか、気にして釣りをしているアングラーは少ないのでは無いだろうか。

今の釣り場の水温が何度なのか知ることは、バスを釣るのにかなり重要な情報なのだ。ちなみに、ボートフィッシングでは魚探などのセンサーと一緒に水温計がついているのでモニターに温度が表示されているんだ。

バスは水温の影響を強く受ける生き物なのだ。もちろん人間だってそうだ。生き物は温度の影響を強く受ける、このこと忘れないで。

まずは14度以上

冬から春にかけて日照時間が増えるとともに、水温も上昇していきます。冬場低活性だったバスたちは水温10度を超えると活性化しはじめ、14度を超えるとスポーニングを意識します。すなわち14度以上になるとバスは活発に動くことができるのです。逆にこれ以下だとバスはまったりモード。

バスの好きな温度は25度

バスが一番最高に心地いいと感じる水温は、22度から27度の間だ、単純に平均すると約25度ってことになる。

上のこの2点について、まず基本として覚えておいて欲しい。

バスにとって快適水温になるところを狙う

冬と夏は水温状態が極端だ。
冬は水温が少しでも温まりそうなところを探す。北風の風裏、直射日光が当たる、ボトムが岩やコンクリなどで日中の日光の熱を維持しやすい。
夏は少しでも温度が下がるところを探す。常に日陰、水中の大きな日陰、水の流れの発生しているところ。などなど。

春や水温が上昇移行期だ、春はあたたまりやすそうなところ、北の風裏のシャローなどを探すといいだろう。

秋は、そもそも適水温なので余り気にしなくていい、逆にバスがどこにでもいる状態なのでしぼり込みにくいといえる。

もちろん、温度だけではなくバスのエサになるベイトなども関連してくるので実際はもっと複雑になる。しかし、バスが水温に敏感だとわかっていれば、例えば真夏の釣りで杭をラバージグなどで水中を攻めるときに杭の日陰側にラバージグを落とすといい、とのように考えることができる。

適水温を考えれば同じポイントでも、日陰か日なたか、流れの当たる側か、止まっている側かなど同じストラクチャーに対して、さらにバスのつきやすいポイントを推測することができるようになるぞ。

どういう変化をしているか知ろう

同じ場所によく通うなら、同じポイントで毎回水温を測ってみよう。さらに釣果を合わせると変化がよく分かるはずだ。春先にどんどん上昇してきて18度とかを超え始めたあたりで水中にギルや小バスなどがうろちょろするのも確認できるだろう。10度、14度、18度ではバスの反応が違うのがわかってくるはずだ。また、トップウォーターで釣れやすくなるのが何度なのか知っているとなにかと便利だぞ。

同じポイントの場合、今日、今このタイミングの水温は上昇し続けての温度なのか?下がりつ続けての温度なのか?を知ることが大切だ。簡単に言うと急激に水温が下がるとバスの活性は悪くなるのだ。

昨日、おとついの天気などのデータから、水温が3-4日でどのように変化したのかを知ることが大切だ。

点ではなく、線で考えるんだ。折れ線グラフを想像して考えるといいぞ。

 

定番、スミスの水温計

バス釣りで定番の水温計といえば、スミスのこの水温計だ。ルアーの代わりにラインの先につけてポチョンと落として測るのがおすすめだ。