ワームで釣るなら、なるべくラインを張らないことが大切だ。

ワームでライン張りがち、動かすの早くなりがち

ライン張らないと、ボトムの感触をとったり、バスが食っているかわからないじゃないか?と貴兄たちがおっしゃるのも無理はない。

そのとおりだからだ。

ラインを張らずしてボトムを取ることなどできない。

それでもラインを張るなという理由がある、それはラインがたるんでいる方がバスのワームの食いがよいからだ。バスはラインがピンと張っていると食いが浅い、あるいは口でくわえてもすぐに離してしまうのだ。

おそらく、ラインが張ることでルアーに違和感が生まれているのだと思う。これはワームだけでなく全てのバス釣りにおける共通の現象だと思ってもいいぐらいだ。

バスがルアーに食いついてくる瞬間に、クランクが何かにぶつかった瞬間、ワームのハングオフ、トップウォータープラグのテーブルターンなどがあるがそれらは全てラインが緊張して張った状態から、一瞬、テンションが緩んだ状態になっているのだ。

これは推測だが、なんらかでスピードに乗り勢いがついたルアーが自分のエネルギーで移動しているときにバスはルアーに食いつくのだ。

ルアーを生き物的に感じるのかもしれない、そしてラインが貼っている状態では、ルアーとラインの存在を両方感じ取っているのではないかと思うのだ。

ワームは止めろ

ワームでの釣果アップ方法は、ぢぐぢぐとボトムなどを這わせ「あ、岩だ!」とかの感触を発見したら、そこでリールを巻くのをやめ、ロッドの先端を下におろしてラインを緩めるのだ。ちょうどバスがいそうだなとボトムに何かを感じるところまでワームを動かし、感じたらしばらく止めて、ラインをたるませるのだ。

ラインを緩める=バスが食いついてくれるのを待つ

というイメージでワームを操ってくれ、きっと釣果がアップするはずだ。

釣れないときなどは、焦っていたりして、ワームをヒュンヒュン動かしぎて、ラインがずっと張ったままになっていたりしてるんだ。

子どもや、初心者の女性とバス釣りに出かけたときに、ワームのついたスピニングタックルを渡したら、意外にもあっさりと一匹釣ったりするのを目の当たりにしたことはないだろうか?

それは、彼らは初心者なのでルアーアクションなどしらないので水中に放置したままの時間が多いのだ。放置が釣果につながっているのだ。

正直、ラインをたるませて待つ感じになるのはしんどい、釣れていない日はよりつまらなく感じるだろう。

でも、そこを乗り越えるんだ。

動かす=>止める(ラインたるませる) => 動かす =>止める(ラインたるませる) => 動かす・・・

の動作を繰り返すのがワーム釣りなのだが、「止める(ラインたるませる)」が「動かす」よりも長くなるように気をつけるんだ。

とにかく、ワームのラインはたるませろ。アタリのとり方は別の記事で説明する。