いよいよ楽しいルアー選びだ。世の中にはそれはもう莫大なワームがある。釣り具屋さんにいっても、楽天で検索してもいくらでもでてくる。

きりがありません。どれにしたらいいか、あなたはきっと迷ってしまうだろう。
しかし、ワーム選びには間違いのない方法がある。
それは、「もっらぱら釣れる」という初心者用によくおすすめされるワームを選ぶことだ。
俺は、初心者じゃないぜ!とおっしゃるあなた、おっしゃることはわかります。
でも、初心者にすすめるようなワームこそ、もう一匹バスを追加するのだ。

ゲーリーヤマモトのワームを選ぶ

え!ゲーリーかよ!と思われた、あなた。だからもう一匹が釣れないのです!。確かにゲーリーのワームはエサなんじゃないか、おい!というぐらい釣れるイメージだ。しかも誰もがバス釣り初心者時代に経験済み、それをいまさら選ぶなんて・・・と思われるかもしれない。
しかし、初心忘れるべからず。
ゲーリーのワームには歴史と多数決にもとづいた「これは釣れる!」とお墨付きのワームなのだ。
まず、「ワーム自体の釣れる力」ことは間違いないので、ゲーリーワームをつかって釣れないのであれば、エリア、ゾーン、メソッド、タックル、時間帯などのどれかが違っていると考えることができるのも良い点だ。
とにかく、ゲーリーワームを選んでくれ。

釣れるゲーリーワームの種類

ズバリ断言
  • ゲーリーグラブ (6インチ)
    g6inchigrab.png
  • センコー (5インチ)
    5insenko.png
  • カットテール (6.5インチ)
    kuttail.png

です。この3種で間違いなし。サイズに関してはおすすめとしたのでカッコで括ってある。もちろん4インチなどもいいと思う。

ブラック1択もアリ、釣れるゲーリーワームの色

これもズバリ断言します
  • ブラック



  • グリパン

正直、ブラック1択だけでもかまわないのだ。
色を絞り込むのは、釣りの最中にワームのカラーに迷っても答えが出にくいからだ。カラーは最も無難なブラックを選び、満点ではないにしろ平均点以上にカラーマッチしたと考えてもいい。ブラックには次のようなメリットが有る。
  • 濁った水質でもっともよく目立つ
  • 夜釣りでも一番釣れる色
不透明でシルエットがもっともはっきりとする色だから、シャローでもディープでも平均的にアピールできるカラーなのだ。

ノーシンカーリグで行け!

もう一匹バスを釣るために、ノーシンカーリグを推奨する。
「釣れやすい、バスをだましやすい」という点で、ノーシンカーリグなのだ。
ノーシンカーを使いこなして、もう一匹追加を狙う。
 
ノーシンカーリグのメソッド
  • フォール(くわせ)
  • ずる引き(くわせ)
  • ステイ(くわせ)
  • 中層ただよわせ(くわせ・リアクション両方)
  • 水面・水中ジャーク(リアクション)
  • ハングオフ(リアクション)
と食わせとリアクションの両方を同じタックルで使いことができる。また、ゾーン(水深)別の攻めも同じタックルで攻略できる(時間はかかるが…)
ノーシンカーならではのルアーの動きで、ジャーキング後などの「漂い」「ふわっと感」など奥深い動きをする。
ノーシンカーでないと出せないし、バスをだますのによく効く動きなので、ぜひともノーシンカーリグでのジャーキングやハングオフをマスターして欲しい。
シンプルながらルアーアクションが奥深い、それがノーシンカーリグなのだ