ワームの釣りに使うロッドには感度の性能の高さが求められる。

高感度素材でガイドの小さいものを選ぶといいぞ。

何はともあれ感度だ

ワームの釣りでロッドに最も重要なのは感度。
バスがワームを加えても手元で感じられないのでは、当然釣果は伸びない。
バスのバイトを感じ取るのはもちろん、ワームを動かすことで伝わってくるボトムの感触、ラインがストラクチャーでこすれる感覚をクリアに伝えてくるものがよいのだ。
「今、ボトムの岩にひっかかった」、「フォール中にウィードに引っかかった」など、ルアーとラインを通して伝わってくる感触で水中の地形を把握する、そうすることでバスがバイトしてくる水中ポイントを絞り込むことができる。

ロッドパワーML

ロッドパワーは一般的にはMLが良い迷ったらヘビー方向を選ぶよりはライトな方向にしたらいいだろう。レングスは、6~6.6ft。
オカッパリで遠投性能が気になるかもしれないが関係ない。
5~10mぐらいの距離でピンポイントにキャストできることが大切だ。
ロッドの調子はいろいろあるが、自分のキャストのクセに合わせピンポイントキャストができるものにしよう。

感度=ガイドシステム

ガイドがロッドの感度に大きく関係している、ガイドをよく見ることが大切だ。
ガイドはなるべく小さいものが良く、ガイドの数がある程度多いほうがいい。とくにトップガイドが小さいものがよい、トップガイドが小さいものは感度が良い。逆に大きいものは感度が良くない。
トップガイドが大きい・重たい・感度が悪いと、ロッド自体のカーボン素材が良くてもその感度が台無しになるのでガイドチェックは重要だ。逆に言うと感度の悪いロッド素材でもガイドシステムを一変すれば感度アップすることができる。
ワームにもっと向いているのはマイクロガイドのロッドではないだろうか。
FUJIのKRガイドシステムが良い。