バス釣り関連の用語集です

アーム
ワイヤーベイトの針金部分。リトリーブで上に来るのがアッパーアーム、下に来るのがローワーアーム
アイ
ルアーでラインなどを接続する部分の総称、ラインを結ぶ所はラインアイ、フックを付けるところはフックアイ
アウトレット
流れ出し。湖や池から河川が流出する河口のこと
アクション
①ルアーの動き、本来備わっているルアーの動きと、ロッドワークによる動きとの両方を指す②ロッドの調子(曲がり方)を表す言葉
アピール
ルアーの存在をバスに気をづかせること。派手な動きや音のものを「アピールが強い」、その逆を「アピールが弱い」という。同じルアーでもロッドでの操作の仕方でアピールをコントロールできる
アワセ
フッキングのこと
アングラー
釣り人のこと。バス釣りする人のことを指しアングラーなどという
インディアナブレード
スピナーベイトで使うブレードの形のひとつ。ウィローリーフとコロラドの中間いあたり、両者の良いところを取り込んだタイプ。立ち上がり角度も両者の間である
インレット
流れ込み、河川が湖や池に流入する河口のところ
ウィローリーフ
柳の葉という意味。細長い形状のブレードのことを指す。ブレードの立ち上がり角度が浅いために水押しは弱いが散光効果はとても高い
ウィード
水草。ウィードの生えているエリアをウィードエリアという。また密集して生えているところはウィードベッド、そのエッジの部分をウィードエッジという
ウィードレス
ルアーのフックがひっかかりにくいように工夫された仕組み
ウェイイン
トーナメント大会での魚の計量のこと
おかっぱり
岸釣りのこと
ウェイト
重さ。ワームなどを使うときのシンカーのオモリのことを指すときもある
ウェーダー
長靴のこと。チェストハイは胸まで、ヒップブーツは足の付け根まで長さがある
ウェーディング
オカッパリで水中に立ちこんで釣りをすること。ウェーダーを着用することが多い
ウォブリング
上から見たときにルアーが左右に振る動きのこと
ウォーキング・ザ・ドッグ
ドッグウォークと同じ
遠心ブレーキ
ベイトリールのブレーキの一種スプールの回転速度に比例してブレーキがかかるシステム
オーバーハング
障害物などが水面に覆いかぶさっている状況。その下には日影が出来るためバスがつきやすい。岸釣りボートフィッシングに対してバンクフィッシングなどともいう
オフセットフック
ワームのフックの一種でアイ直後のシャンクをクランク上に曲げることによってワームのずれを防ぐタイプ
オンス
重さの単位1オンス=28g 記号は 「oz」
カーボンロッド
炭素繊維の主な材料とするロッド現在の場所ロッドの主流である鐘楼のグラスファイバーを組み込んだコンポジットと言われるタイプもある
カーリーテールワーム
ソフトルアーの一種歪曲したリボン状のテールがついている
ガイド
ロッドに取り付けられているリングリールから出た line を通す最も先端に近いものをトップガイド、リールに近いものバットガイドと呼ぶ
カウントダウン
シンキングタイプのプラグの総称着水した時点からの秒数を数えることでそのルアーの進路を早くすることができる中層を狙うことが可能になるのだが浮きやすいので注意
かけあがり
ブレイク
風裏
風の当たらない場所
活性
活性バスのルアーに対する反応の度合いを表した言葉。主に付属活動がその大きな要因となっている間に捕食を行っている状況では活性が高いと言われルアーの反応も良い
カバー
バスの居場所となるような障害物全般を指すアシやリリーパッドなど柔らかい水生植物をソフトカバー 、杭や倒木、人工建造物などをハードカバーという。 フィールド本来の固定変化はストラクチャーと呼び、カバーとは区別するまた特に込み入った状態のものをヘビーカバーという
カリング
バッグ・リミットを吐いた後にバスの入れ替えを行うこと
カレント
水の流れ
冠水
増水によって沈没したもの植物の場合には冠水植物という
キーパーサイズ
トーナメントや釣り場で持ち帰りが許可されているサイズ
キャスト
ルアーを投げる動作キャスティングも同じ。 ロッドを振る角度によってオーバーヘッドキャスト、サイドキャストと言った分類がされている。
キャッチアンドリリース
切った魚を持ち帰らず再びフィールド2話すことを特に持ち帰ることはキープという基本的には個人の判断に委ねられる行為だがフィールドによっては、魚の体長いかんでリリースが義務付けられている場合もある
キャロライナリグ
リグの一種。 シンカーの後ろにリーダーをつけることによって、沈下スピードを遅くしたりルアーの動きを良くしているルアーは一般的にはワームがよく使われる深いエリアをスピーディーに効率よくを責めることができるのが特徴だ特に重いシンカー1/2oz~ を使うものをヘビーキャロライナリグという
魚群探知機
音波の反射を利用して目で見ることができない水中の地形やベイトフィッシュの存在を知ることができる機器。 反射波の強さでボトムの固さなどもわかる最近では集積回路8メモリの進化により三次元タイプの魚群探知機も使われている
グラスロッド
素材の大半がグラスファイバーで作られているロッド。 柔軟性と粘りがあるのが特徴でクッキングした場所は外れにくいが感度が落ちてしまう
クラッチ
メールリールのスプールを回転制御すればキャストする際に 親指で押してフリーにするハンドルを巻くと自動的に元の状態に戻る
グラブ
カーリーテールワームの一種でボディ形状が比較的短くて太いタイプ
クランクベイト
プラグの一種。リップの大きさや角度によって、表層からディープまで様々な潜行深度のタイプが存在する
クリアウォーター
透明度の高い水またそのような水質のフィールドを日本では山間部のリザーバーなどに多い
グリップ
ロッドの握りの部分コルクやEVA などが用いられているロッドの長さに比例してなくなるものが多い
クリート
ボートにつけられているロープを結ぶための金具
クレバス
スピナーベイトのリーディングブレードを取り付ける U字型の金具
クロウ・ワーム
ザリガニやエビの形形状もしたソフトルアー。 テキサスリグやラバージグのトレーラーなどで主に使用される
クローズドフェイスリール
スピンキャストリール
ゲイプ
ブックの幅。シャンクとフックポイントとの距離を表す ワイドゲイプといえばシャンクの長さに対して幅が広いフックを指す
ゲームフィッシュ
食べることよりもつって楽しい魚の総称
コロラドブレード
長さに対して幅が大きい楕円形のブレードは立ち上がり角度が大きいため ディスプレイスメントが大きく振動起こしやすい
コンタクトポイント
冬の 冬の間ディープにいたバスは 春が近づくとセルを移動するその移行期間にバスが5個スポットの事舞台的な条件はフィールドによって異なるが、ディープとシャローとの間にある駆け上がりに多い
サーフェイス
表層
サーモクライン
水中では表層からボトムまで均等に水温が変化しているわけではなく急激な温度変化の境目が存在するこれをサーモクラインといって季節や状況によって変動する。
サイトフィッシング
主に透明度の対フィールドのシャローエリアでバスの姿を目で確認しながら釣る方法
サスペンド
水に近い比重のルアー。水中で静止させることが出来るため、活性の低いバスに用いられることが多い。中層に浮いているバス
サブ・サーフェイス
水面下15cmぐらいまでのゾーン
サミング
ベイトリールでキャストする際、スプールに親指で触れて回転を制御するすること、飛距離をコントロールしてキャスティングの精度を高めたり、着水音を小さくしたりする
シーズナル・パターン
季節ごとのバスの行動パターン。いつ、どのように行動するかはフィールドやその年の天候により異なるが、シーズナルパターンに精通することで、さまざまな状態のバスを釣ることが可能になる。バスふぃしんぐの上達のための最も大切な要素の一つ
シーティング
ラインを結ぶ際に、結び目をきつく締めこむこと。これによって強度を高めることが出来る
シェイク
ラインを貼ってロッドティップを細かく動かし、ルアーを振動させるテクニック。主にソフトルアーで用いられ、バスの前に動かし続けルアーに反応させる
ジグヘッド
シンカーとフックが一体になったもの。ソフトルアーをセットして使う。シンカー部分をヘッドと呼び、その形状によってアクションや使用法が異なる
シャクリ
ロッドを素早くあおってルアーを動かす動作。トゥイッチ、ジャークともほぼ同意
シャッドテール・ワーム
円盤状のテールで水を受けて小刻みに動くように作られたソフトベイトルアー。カーリーテールよりも強い波動を生むものが多く、主にスイミングなどで用いられる
シャッド・プラグ
厳密な定義ではないが、ボディー形状がミノーよりもみじかっく、クランクベイト折も扁平なタイプのプラグを指す、本来はアメリカでシャッドと呼ばれるタイプの魚を模して造られたもの。一般的にウォブルよりもローリングアクションが強い
シャロー
水深が浅い場所。一般的には水深1.5mくらいまでを指す。それゆえ、シャローランナーと呼ばれるルアーの限界潜行深度も1.5mくらいに設定されている
シャンク
フックの軸。2Xと書かれている場合には通常よりも2サイズ分フックの軸が太くなっている。逆にFINEと書かれていると細軸を意味している
ジャーク
ルアーを動かすロッドワークの一種。一度に30cmから50cmぐらい動かす
ジャーク・ベイト
ミノー
ジョインテッド・ルアー
二つ以上のボディがつながれているルアー
ショルダー
地形のこと。カケアガリの落ち込み始める部分
ショート・バイト
バスが口に入れたルアーをすぐに吐き出してしまうこと。あるいは、ルアーを完全に飲み込まず浅くかんでいるだけの状態。フッキングのチャンスが短いため、バイトを感知して合わせせてもすっぽ抜けるといったことが起きる
シンカー
ウエイト
シンキング
沈むタイプのルアー
スイッシャー
金属製のプロペラ(プロップ)をそなえたトップウォータールアー。動かすとプロペラが回転して音やしぶきを発生する。プロペラがボディの後ろに1個ついているものをシングルスイッシャー、前後にあるものをダブルスイッシャーと呼ぶ
スイベル
より戻し。糸ヨレを解消する。バス釣りでは主にキャロライナリグでラインとリーダーの接続に使用する
スイミング
ルアー特にソフトベイトをボトムに接触させず、泳がせるテクニック
スイープ
ロッドワークの一種でロッドをゆっくりと滑らかに動かすこと、ルアーをずる引きする場合や細いラインでフッキングする際などに用いられる
スカート
長細いゴムなどを束ねてスカート上にしたもの。スピナーベイトやラバージグなどにセットされている。柔らかいためルアーにアクションを加えたり泳がせたりすると水流を受けてはためいたり振動する
スキッピング
キャスティングのテクニックの一つ。オーバーハングや桟橋の下名田ド通常のキャスティングでは責められない場所で用いる。アンダーハンドで水面すれすれに投げ、水切りの要領でルアーをスキップさせて送り込む方法。スピニングタックルであるていどウエイトのあるルアーをつかうとやりやすい
スクール
群れ。バスの群れを指す場合を、ベイトフィッシュを指す場合とがある
スタンプ
切り株
スタボード
右舵
ステイ
水面・中層・ボトムで動かさずに静止さえたルアーの状態、ほぼ同類のポーズはロッドワークの動きを一時的に止めるという意味合いが強い
ステイン・ウォーター
水の透明度が「やや濁っている」状態。あるいはその状態のようなフィールド
ステディリトリーブ
ロッドワークを用いずに一定速度でリールを巻いてルアーを動かすこと。クランクベイトやスピナーベイトなど、引くだけでアクションするルアーに多用する。棒引きともいう
ストップアンドゴー
ロッドワークやリーリングなどで、動かしては止める。というアクションを繰り返してバスを誘うこと。動きの変化によってバイトを誘発する。ルアーフィッシングの基本テクニックの一つ
ストライク
バスがルアーを口に入れること、「バイト」「あたり」ともいう。トップウォーターの場合は目で見ればわかるがバスの姿が見えない場合はロッドに伝わってくる感触やラインの動きによって判断しフッキングの動作に入る
ストラクチャー
ストラクチャー・フィッシングの生みの親といわれるバック・ベリー氏によれば「ストラクチャー」とは固定の変化を指す
ストレートワーム
まっすぐな形状をしたソフトルアー。ミミズを模したものとお身われることも多いが、実際にはベイトフィッシュをイメージした使い方をされることも多い